ブライダルチェックについて

ブライダルチェックについて

 

これから結婚の予定がある人が、結婚前に受診する健康診断を「ブライダルチェック」と言います。
最近は、結婚を機に自身の体を改めて確認し、赤ちゃんが授かれるかを予め知っておきたいという気持ちから、結婚前のブライダルチェックを婦人科などで行う方が増えているそうです。
ブライダルチェックは、結婚後すぐに赤ちゃんを授かりたい人や、しっかりした妊娠計画がある方は受けておくのも良いでしょう。

 

ブライダルチェックでは、自身の体が妊娠しにくい体質なのか否かというのがある程度調べることが出来ます。
性器の異常、病気、性病、貧血、生理不順の状態等の検査を行い、必要性があれば不妊治療を進めていくことも可能です。
妊娠するにあたり問題となる病気を早いうちに見つけ、早期治療を行う事が肝心です。

 

パートナーと一緒に受診する事が可能なクリニックも最近では増えてきました。
一人で行うよりも、パートナーと一緒の方が心強いですよね。

 

ブライダルチェックは、保険がききませんので費用はすべて自己負担です。そのため、安いとは言えません。
ブライダルチェックは、基本的に問診、内診、血液検査、超音波検査、尿検査が一般的です。クリニックによって異なってくることもあります。
また、乳がん検査や心電図、胸部レントゲンの検査を行うクリニックもあるそうです。

 

クリニックによって、検査する内容によっても金額が異なってきますが、おおよそ25,000〜40,000円程度が多いそうです。
ですが、赤ちゃんを迎えるためですし、自身の体のためでもあります。これから先の事も見越して、受けておくと安心かと思います。
ブライダルチェックは、もちろん結婚した後でも受けることが可能です。

 

近頃は、自身で行えるセルフきっともあるそうです。例えば、尿を採取して郵送すると、クラミジア検査が出来、後日に検査結果が送られてくるそうです。他にも、子宮がん、HIV、糖尿病などのセルフキットもあるそうです。忙しくてなかなか病院に行くことが出来な人などにお勧めです。

 

ブライダルチェックを受けるか受けないかは、自身の判断ですので、良く考えて今後につなげましょう。