妊活は女性だけじゃなく男性もやるべき?

社会で活躍している女性から関心の高い妊活ですが、妊活とは妊娠に向けて前向きな活動をすることで、自然な妊娠に適した体づくりや生活スタイルを心がけることです。女性にとって妊娠は人生最大の体験ともいわれます。でも、女性だけでは妊娠できないように、妊活についても男性の協力が大切です。

 

 

 

■妊活は男性の協力も必要

 

社会で活躍する女性が増えたり、生活の様式がかわったりしたことが子どもの数の減少に関係しているといわれます。別な言い方をすれば妊娠をしない女性が増えたということです。妊娠すると女性が様々な負担がかかります。身が思うように動かない、体調が思わしくない、疲れやすいなどの体の面だけではなく、仕事が続けられないなどの精神面、経済面での負担、ほかにも様々な負担があるのです。
この時になくてはならないのが男性の理解と協力です。パートナーとして寄り添うことで不安が解消し精神的に安定します。それが妊活に理想的な環境につながります。

 

妊活をする際に大切なのは、妊娠に関する正しい知識を身に着けることです。避妊の方法は知っているけど、妊娠に関する正しい知識となると自信がないという人が少なくないのです。特に男性は妊娠について学ぶ機会が少ない、関心が低いなどの理由で間違った知識のままでいることも多いのです。
お互いが正しい知識を身に着けて妊活に向き合うことで妊娠の可能性は高まります。妊活を成功させるカギは男性の協力だといえます。

 

 

■男子の妊活

 

はじめに、妊娠についてよく理解することです。誤った考え方や間違った知識は、妊活にとってマイナスでしかありません。
その際に、「女性にとって妊娠がどれほど負担になるのか」「妊娠の仕組みはどんなものか」などについて知ることから始めるのが一番です。正しい理解が円滑な夫婦生活につながるからです。

 

不妊治療をと考えているならば、男性も女性も検査を受けることをお勧めします。不妊治療は女性のものという考え方そのものが間違いだからです。しかし、不妊検査に抵抗を感じる男性が多いのも事実です。中には男としての自尊心から検査を拒むという人も少なくないのです。
現実には男性が原因で妊娠しにくいという事例も増えていますから、その場合には男性の協力がなければ解決できません。不妊治療はどちらが原因かということよりも、二人が協力していくことが肝心です。それが不妊治療を成功させる近道です。