ベビ待ち中のアルバイトについて

ベビ待ち中のアルバイトについて

 

ベビ待ちさんの中で、少し仕事をしようと思っているけど、どんな仕事をしたらいいの?とお思いの方もいるかと思います。
そこで、ベビ待ちさんに向けての仕事の選び方についてご案内します。

 

●避けた方がいいアルバイト
1.ハードなアルバイト
とにかく、もし妊娠した時の事を考えると、ハードな内容のアルバイトは避けるべきです。体に大きな負担が掛かってしまいますし、精神的にも健康的とは言い難いので、避けることをお勧めします。

 

2.時間に融通がききにくいアルバイト
残業時間が多かったり、休日出勤があったり、休日が定まっていないようなアルバイトはあまりお勧めできません。もしも治療中の方でしたら、診察する日にお休みがもらえないと困ってしまいますよね。こちらも精神的にもあまり健康とは言えないかと思います。

 

3.責任重大なアルバイト
この先、妊娠や出産の予定があるのに、責任重大なアルバイトはお勧めできません。もちろん自分の仕事に責任を持つことは大事ですが、誰かが急に休みになり代わりに出なければならなかったり、責任が大きすぎるためストレスになってしまっては問題です。

 

このようなアルバイトは、ベビ待ちさんにはお勧めできません。
では、どんな条件のアルバイトなら良いのでしょうか?

 

●条件のいいアルバイトとは
1.短期間のアルバイト
短期のアルバイトであれば、責任重大なものも少ないですし、妊娠時期を考慮して働くことが可能になります。ですが、アルバイトの内容に「軽作業」と記載があったとしても、実際は重いものをもつことがあったり長期で頼まれることも稀にあるそうです。しっかりと仕事内容を確認したうえで、エントリーしましょう。

 

2.短時間のアルバイト
3、4時間OKのアルバイトもあります。短時間であれば立ち仕事でもさほどハードではありませんし、軽く歩く程度なら適度な運動にもなります。

 

3.スタッフが多い職場
ベビ待ちさんがいざ妊娠して辞めることになった時、職場の人になるべく迷惑はかけずに辞めたいと思いますよね。出来るだけスタッフが多い職場であれば、一人辞めたとしても他の多数の人でカバーが出来ます。

 

4.経験がある職場
これまでに同じような内容の仕事をしたことがある職場であれば、仕事に慣れるまでの時間も多少は短縮出来るでしょうしストレスの軽減も出来ます。もしも出産後に再度働きに出る事を考えているなら、1つ、慣れた仕事がある方が今後有利に働くことがあります。

 

働くにあたって、理解のある良い職場が見当たると良いですね。検索する際に、「主婦OK」や「短時間」などで検索してみると探しやすいかもしれません。