妊娠するために

妊娠するために

 

●妊活を始めたらすぐに妊娠できる?
さあいざ赤ちゃんを作ろう!と思って妊活を始めても、すぐに赤ちゃんは来てくれるわけではありません。ある調査では、25歳の生殖適齢期の女性が妊娠するまでに要する期間は平均して2〜3ヵ月ですが、35歳以上になると平均して6ヵ月必要になると言われています。
しかしこれは平均であって、この期間よりも速かったり遅かったりするのは当たり前ですので、あまり気にしないようにしてください。私も実際、20代のうちに人活しましたが、約半年の期間を要しました。
また、1周期あたりに妊娠する確率は、およそ2割との調査結果もあるそうです。
他にも、年齢を重ねる毎に卵子は老化してしまい、卵子の数も決まってしまっているそうです。
人によってタイミングはそれぞれですが、遅くなると卵子は老化し、数もどんどん減ってしまうので、年齢を重ねる毎に妊娠が難しくなっていくことは覚えていた方がいいかもしれません。

 

●赤ちゃんを迎えるために
・まずは基礎体温を測りましょう
基礎体温とは、朝起き上がる前に測る体温の事を言います。基礎体温を測る専用の体温計が販売されているので、薬局などで探してみましょう。
今では色々な機能が付いた便利なものもあるので、ご自分に合ったものを探しましょう。
女性の体は色々なホルモンの働きによって、月に1回の生理と排卵のサイクルがあります。
男性の精子は2、3日以上受精能力を維持するのに対して、女性の卵子は入らんから24時間以内が授精出来る期間と言われています。
即ち、1周期に対して24時間しか妊娠が出来る可能性は無いと言う事です。
毎日基礎体温表をつけて自身の体のリズムが理解できて来たら、排卵日を予想してみましょう。
排卵は基礎体温が最も下がった日、またはその翌日によく起こります。統計からみると、排卵日は最低基礎体温の前の日が5%、最適基礎体温当日が22%、その翌日が40%、翌々日は25%の確率と出ているそうです。
卵子は1日だけ、精子は3〜5日の寿命のため、排卵日かその前日あたりのタイミングが頃合いと考えて良いかと思います。

 

・排卵検査薬
排卵検査薬は、尿のホルモン濃度から排卵部を見つけます。
手軽に出来る尿検査で、尿の中のLH濃度の上昇を見つけ、排卵日を予想することが出来ます。排卵日がおよそ1日前に判明します。
しかし、排卵検査薬は処方を扱っている薬局で購入出来ますが、あまりお財布に優しい値段ではありません。使うか使わないかはご自身の判断です。必ず必要なものとは限りません。

 

・病院で排卵日よ予想
病院にて行われる排卵日の予想は、信頼出来る高い超音波検査法が一般的です。これは個人で調べる排卵日予測よりも、超音波検査法の方が10〜15%程度確率が上がります。
自身の排卵日の予定の日が分からない人は、生理開始日から10〜12日目程度に受診する事をお勧めします。

 

実際、最も一般的なのは基礎体温を測る事です。
手軽に出来るため、まずは基礎体温を測る事から初めてみると良いでしょう。最初は測る前に起き上がってしまったりする事が何度かあるかと思いますが、だんだんと慣れていくかと思います。
出来ることから始めてみましょう。